MENU

トリリオンノード・エンジンの公開版は、Leafony platformとなりました。

Leafony Kitはこちら

設立趣旨

本研究会は超小型・低消費電力のトリリオンノード・プラットフォームを関連企業の皆様と一緒に作り上げて行く研究会として発足しました。

IoT (Internet of Things)や、ITと物理世界が融合するCPS (Cyber-Physical System)が急速に発展しつつあります。IoT/CPSの市場をメイカーズ(ものづくりをする個人)なども巻き込みながら開拓するとともに、これらの市場に企業がより簡便にアクセスできるように考えられたオープン・イノベーション・プラットフォームが、トリリオンノード・エンジンです。本研究会では、このトリリオンノード・エンジンをベースにIoT/CPSの市場を開拓していくことを趣旨としています。

トリリオンノード・エンジンの研究開発では、①超小型、②低消費電力、③オープンソース、に基づくプラットフォーム構築を目指しており、ソフトウェアも簡便にダウンロード/組み合わせ/変更できます。このようなプラットフォーム化の試みは各社でも行われているものもありますが、トリリオンノード・エンジンは、オープンソース・ハードウェア/ソフトウェアであり個社を超えて連携する手段を与えるものとなっています。誰でも作れる「リーフ」というモジュールを基本とし、どこでもシステムをはんだなしに簡便にシステムを組み立てることができます。IoT市場を発展・拡大させるとともに、企業がIoT市場にアクセスする際の短工期化、容易化を達成し、企業力強化を図ることができます。

詳しくは以下のトリリオンノード・エンジン資料をご覧ください。

トリリオンノード研究会 代表
東京大学 名誉教授
桜井 貴康

トリリオンノード・エンジンの概要 / Summary

トリリオンノード・エンジンの利用シーン / Usage scene

AdBlockをお使いの方は、AdBlockをオフにしてビデオをご覧ください。

 注:この成果は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託・助成事業の結果得られたものです。

PAGE TOP